DISCOGRAPHY

 title: split / flip artist: omni sight × Captain Earwax
 
tracklist:
1. Side A | 1. Sky Burial (Captain Earwax)
2. Side A | 2. Sky Burial (Remix by omni sight - Sakyo Reshape ft. ziccaboys & toco)
3. Side B | 1. night market (omni sight)
4. Side B | 2. night market (Remix by Captain Earwax)
 
cat#: format: TAPE / Digital
date: 2018.4.6(fri) JPN price(TAPE): 1000yen (include tax)
label: The Community Records (AUS)
 
《omni sight – Member》 Motohiko Sato:Bass,Guitar,Synth,Prog / Naoki Hirai : Drums
《Guest Artist》Polar M:Guitar 
 
omni sight http://www.omnisight.net/
The Community Records (AUS)    http://communityrecords.org/ 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
title: eternal return artist: omni sight
 
tracklist:
1.flash of cove / 2.water cave / 3.summertime memory / 4.white night
5.tuesday afternoon / 6.gravity connection / 7.last poets / 8.water cave[Kaoru Inoue remix]
cat#: NCD-07 / format: CD / Digital
date: 2015.9.6(sun) JPN price(CD): 2000yen + tax
label: night cruising / BAYON PRODUCTION
 
《omni sight – Member》 Motohiko Sato:Bass,Guitar,Synth,Prog / Naoki Hirai : Drums
《Guest Artist》 Marihiko Hara:Piano / Polar M:Guitar / Hiraku Yamamoto (Nabowa):Violin / Yuichiro Kato (L.E.D. / NATSUMEN):Sax
 
omni sight http://www.omnisight.net/
night cruising http://nightcruising.jp/
BAYON PRODUCTION http://bayon-p.com/

2018.04.06.fri 『split / flip』E.P. - omni sight × Captain Earwax - Release
 
1st アルバム"eternal return"から3年ぶりとなる新作!
オーストラリアのトラックメイカーCaptain Earwax とのコラボ split e.p.として
限定カセットと配信、ストリーミング(itunes/spotify/Bandcamp)のアナログ、デジタル2フォーマットでリリース!
日豪コラボレーションによる2018年最新にしてアンダーグランド最前線のサウンドがここに!(相互remixを含む4曲入り)
 
 昨年よりお互いのサウンドに共鳴し、縁を紡いだ2アーティストがそれぞれにnew trackを制作、そしてそれらをremixし合うというコラボレーション作品が実現。
両アーティストに共通する映像を想起させるオーガニックでアコースティックなサウンドイメージにomni sightは、特徴である生ドラムとベースによるフィジカルでフロアライクなダイナミズムとダブ、アンビエント、サイケの繊細な音像をミックスするベッドルーム的なエレクトロ処理は今作品でも健在。
 
新録の”night market”は台湾の夜市のフィールドレコーディングから着想を得て制作、前作品にも参加した盟友Polar Mがギターを担当。独自の平熱感の中にオリエンタルな要素を加え、バンドアンサンブルと打ち込みとの絶妙なハイブリッドサウンドを創出している。
 そしてCaptain Earwax(AUS)の”Sky Burial”は日本文化への意識的なアプローチで制作されたトラックで日本含む各地のフィールド素材を駆使したサンプルを散りばめ、アンビエント、サイケ、ブレイクビーツなど本国では絵描きとしても有名な彼ならではの、フォーマットを限定しない自由なサウンドアプローチにオリエンタルで叙情的なメロディー、複雑に絡むリズム、アナログテイストな質感と繊細ながらもスモーキーな仕上がりとなった意欲作である。
 これら両者の作品をお互いにremixしたトラックも収録。こちらはフロアを意識したそれぞれのセンスと解釈による新たなトラックイメージを生み出している。
 2018年春、日豪アンダーグラウンドコラボレーションの良盤 “split / flip” ここに完成!! 
 
 discography
 
split / flip is a collaborative release from Captain Earwax (AUS) and omni sight (JPN). Following a year of Skype calls and emails in mid-2017, the artists decided to do a ‘split / flip’. The idea behind it was that each artist would create a new track for the release and then get the other artist to ‘flip’ it.
split / flip features new material from both artists, drawing on natural textures, acoustic elements mixed with sparse experimental and electronic sounds, and inspired by the people and Japanese culture.
 
omni sight’s ‘night market’ inspired by
"Ningxia" famouse night market in Taipei is a dense mix of dynamic dance music and ambient,dub and psych acoustic sounds with their unique organic/mighty beats by raw bass and drums. They also has unique cosmic soundscapes with experimental and respectful attitude for clubbing music.
 
Captain Earwax’s ‘Sky Burial’ is an exploration of earthly sounds, and emotive melodies, intricate percussion and crunchy textures. With a musical background that pays homage to breakbeats, ambient, house, techno, dub and psych music.
 
split / flip is release on The Community Records, Friday April 6, in both digital and a limited edition tape.
 
 
 
 
 
 

2015.09.06.sun 1st ALBUM omni sight『eternal return』Release
京都で結成されたDUOユニット“omni sight”による1stフルアルバム!
90s~00sフロアグルーヴとテン年代電子音響シーンの邂逅がもたらすニュースタンダードであり、ジャパニーズ・クロスオーバーサウンドの再起とも言える決定盤。井上薫(aka Chari Chari)によるリミックスも収録!
 
シネマティック・インストバンドL.E.D.のリーダー佐藤元彦、BOOM BOOM SATELLITESやORIGINAL LOVEなど様々なアーティストやバンドのドラマーとして活躍してきた平井直樹により、2013年に京都で結成されたユニット“omni sight (オムニ サイト)”コズミックで浮遊感あるサウンドスケープに生ドラムとベースによる有機的で強力なビートを織り込んだ実験的かつフロアライクな音場を創出。90s~00sのブレイクビーツ、アンビエント、ハウス、テクノ、ダブ、バレアリックサイケへのオマージュを基本軸にしつつ、 京都での電子音響、エレクトロニカシーンのアーティストとの交流を通して得られたインスピレーションも織り込み、ダンスミュージックでありながらも音響的なアプローチを施した緻密で独自なダイナミクスを獲得。待望のファーストアルバムとなる本作には、メンバーの佐藤が京都で交流を深めているNabowa山本啓(Violin)、原 摩利彦(Piano)、Polar M(Guitar)、そしてL.E.D.で長年活動を共にしてきた盟友 加藤雄一郎(Sax)が、ゲストプレーヤーとして参加。また、佐藤が長年リスペクトするDJ/プロデューサー井上薫 (aka Chari Chari)氏によるリミックストラックも収録。京都発、ルームミュージックかつフロアライクなジャパニーズ・クロスオーバーサウンドの新たな決定盤がここに誕生!
 
discography: 
Their music background comes from homage to breakbeats, ambient, house, techno, dub, balearic psych music in 1990s-2000s, and is also inspired by electronic musicians in Kyoto. It achieves a dense/unique dynamic dance music as well as incorporated acoustic sounds.   
 
The long-awaited first full album ‘eternal return’ was released in September 2015, with great guest artists Hiraku Yamamoto from Nabowa (violin)(http://www.nabowa.com/), Marihiko Hara (piano)(http://www.marihikohara.com/), Polar M (guitar)(http://www.polarm.net/)and Yuichiro Sato (sax)(http://katoyuichiro.com/).
It also includes a remix track by Kaoru Inoue a.k.a Chari Chari.(http://www.seedsandground.com/)
This new Japanese crossover sound master piece is launched from Kyoto for every music lover and dance floors.